磯崎新 息子・嫁の画像や名前などは?経歴やプロフィールまとめ

   

どうも今回は、、

建築家の、、、

 

 

磯崎新さんの、、、

 

経歴やプロフィールなどや、、、

 

息子さんやお嫁さんに関する情報などに、、、

 

 

迫って行きたいと思います!

Sponsored Link

磯崎新 経歴やプロフィールまとめ 名前の読み方は?

磯崎新さんの息子さんやお嫁さんの情報が気になる所ですが、、、

 

プロフィールや経歴などご本人の情報から見て行きましょう~~

 

プロフィール

 

  • 名前の読み方:磯崎新(いそざきあらた)
  • 生年月日:1931年7月23日生まれ
  • 出身地:大分県大分市
  • 一級建築士

 

経歴

 

  • 旧制大分中学(現大分県立大分上野丘高校)卒  同級生に小説家・赤瀬川隼
  • 1954年、東京大学工学部建築学科卒
  • 1960年、丹下健三研究室で東京計画1960に関わる(同僚に黒川紀章)
  • 1961年、東京大学数物系大学院建築学博士課程修了・八田利也(はったりや)の名で『現代建築愚作論』を書く
  • 1963年、丹下健三研究室を辞める・磯崎新アトリエを作る
  • 1967年、大分県立大分図書館を作る→1997年にアートプラザになる
  • 1967・75年、日本建築学会賞受賞
  • 1968年、株式会社環境計画代表取締役就任
  • 1970年、大阪万博のお祭り広場を作る(丹下健三と共作)
  • 1975年、群馬県立近代美術館・北九州市立美術館を作る、『建築の解体』を書く
  • 1980年~1992年、『建築脚光』を創刊する(篠山紀信とのタッグ作)
  • 1983年、つくばセンタービルを作る
  • 1986年、東京都庁舎のコンペ参加
  • 1986年、RIBAゴールドメダル受賞
  • 1991年~2001年、Anyコンファレンスを企画・参加
  • 1991~2002年、『批判空間』誌編集顧問就任
  • 1996年、織部賞・選考委員長就任
  • 1996年、ヴェネチア・ビエンナーレ金獅子賞受賞
  • 2017年、日本芸術院会員選出
  • 2019年、プリツカー賞受賞

 

以上が、磯崎新さんの経歴やプロフィールになりますね!

 

続いて、磯崎新さんの息子さんやお嫁さんなど家族に関する情報を見て行きましょう~

Sponsored Link

磯崎新 息子・嫁の画像や名前などは?

では、磯崎新さんの息子さんやお嫁さんなど家族に関する情報ですが、、、

 

  • 祖父:磯崎恵三郎さん(戸主)
  • 祖母:磯崎ゑつさん
  • 父親:磯崎操次さん(米穀商・大分合同トラック会社経営、俳人) 東亜同文書院卒
  • 母親:磯崎てつさん 日出高女卒
  • 弟:磯崎裕次郎さん 昭和8年生まれ
  • 妹:磯崎民子さん 昭和11年生まれ

 

  • 名前:宮脇愛子さん
  • 出身地:静岡県
  • 日本女子大学文学部卒
  • 職業:彫刻家(齋藤義重さんの弟子)
  • 前夫は、鉄道紀行作家・宮脇俊三さん
  • 宮脇姓で彫刻家として成功したので、再婚後も宮脇姓で活動
  • 2014年8月20日、84歳で天国に旅立ってる

 

以上が、お嫁さんの情報になりますね!

 

そんな磯崎新さんですが、、、

 

子供さんはいないっぽいですね・・・

 

以上が、磯崎新さんの息子さんやお嫁さんなど家族に関する情報でした!

 

知り合いの旦那さんが、一級建築士で東大卒の人がいますね。
その人は、年下の管理人にも敬語で話すなど…かなり丁寧な人ですね。

ちなみに、息子さんは料理人・娘さんはパティシエ・お嫁さんは料理教室経営と
旦那さん以外は…料理人の家系の家になりますね~~

 - ニュース , , , ,