小枝守 名言まとめ 無能説はデマか…調べてみた!

   

どうも今回は、、、

高校野球の監督として有名な、、、

 

 

小枝守監督の、、、

 

無能説に関する噂の検証や、、、

 

心に響く名言などに、、、

 

 

迫って行きたいと思います!

Sponsored Link

小枝守 無能説はデマか…調べてみた!

まず…『小枝守』と検索すると『無能』って言葉が出て来ますが…

 

これは恐らくU-18の監督の時の采配が言われてるのだと思います。。。

 

  • 露骨に特定の投手を使い倒す
  • 故障したキャッチャーを使う
  • 投手起用が悪かった
  • 選手力で取った3位で、監督が良ければ2位

 

と言った感じで、小枝守監督への批判意見が出ていますが…

 

 

数々の戦績を残してて、教え子にプロ野球選手も多数いる監督さんなんで…
無能ではなく有能な監督だったと思いますけどね・・・

Sponsored Link

小枝守 名言まとめ

そんな小枝守監督の名言ですが、、、

意地を見せろ

自分への評価は自分ですることではなく、人が評価するもの。
いくら一生懸命にやっていると思っても、それは人が評価を下すものである。
評価してくれないと不平を抱く時点では、まだまだ努力や懸命さが足りない証拠。
自分で本当に納得することをやり遂げれば、自ずと評価が上がるものである。

勝負事は勝つか負けるか確率は五割。強い相手に勝つ確率も五割、弱い相手に負ける確率も五割

一生懸命なうちは不平・不満が生まれる。必死になれば工夫が生まれる

簡単なことが難しく感じ、その難しく感じたことが簡単にできるようになるまでの反復

人に生まれ、人と生き、人に生かされ、人を生かす。

などなど様々な名言を残されていますね。
やはり、名監督さんだけあって心に響く名言を残されていますね。

 

やはり、これだけ心に響く名言を残されてる指導者さんなんで…
無能って事はあり得ないでしょうね~~

 

高校時代のクラスメイトの野球部の人達は監督さんの悪口をよく言っていましたね…
喋ってる内容の大半が監督さんの悪口では?(笑)レベルで…言ってた気がします・・・

まぁ、そんな感じで悪口ばかり言ったから…地方大会ですぐ負けてしまうレベルだったのかも?しれませんが・・・

 - スポーツ , ,