渡辺公二 wiki風プロフィールや経歴は?家族について

   

どうも今回は、、、

日体大・陸上部の総監督に就任した、、、

 

 

渡辺公二監督の、、、

 

wiki風プロフィールや、、、

経歴などや、、、

 

家族などに、、、

 

 

迫って行きたいと思います!

 

では、早速…渡辺公二監督について見て行きましょう〜

Sponsored Link

渡辺公二監督 wiki風プロフィールや経歴は?

そんな渡辺公二監督の簡単なプロフィールですが、、、

 

  • 名前:渡辺公二
  • 年齢:80歳
  • 出身大学:日本体育大学

 

ってな感じの人みたいですね!

ちなみに、高校の陸上部監督としては、、、

 

  • 近畿高等学校駅伝競走大会:昭和52年〜平成15年まで優勝23回
  • 全国高等学校駅伝競走大会:優勝8回、準優勝2回、第3位3回
  • 平成9年日本最高記録樹立:タイム2時間03分18秒

とかなり優秀な人ですが…

 

日体大時代は、怪我などに苦しんだ選手時代を過ごしてみたいですね・・・

恐らく、その大学時代の挫折が…指導者側に回った時に行きてるのでしょうね。

渡辺公二監督 家族について

そんな渡辺公二監督ですが、、、

 

現状では、家族に関する情報は公表されていませんでした・・・
また、渡辺公二監督の家族に関する情報が分かり次第追記して行きますね!!!

 

Sponsored Link

渡辺公二監督 wiki風プロフィールや経歴は?

そんな渡辺公二監督ですが、、、

 

昭和43年に体育教師として西脇工業に赴任するんですが…
その頃の西脇工業はかなりヤンキーが多い学校だったみたいですね・・・

 

 

その為か…陸上部もかなり弱く赴任して最初の大会では
ビリから2番目で繰り上げスタートを経験したとか・・・

その事に部員・渡辺公二監督ともに悔しさを覚えたみたいですね・・・

 

そんな西脇工業を立て直す為に行った事は、、、

 

部員

  • あいさつをする
    同僚、先生、通行人、通学中の駅員にいたるまでの人たちに「おはようございます。 ありがとうございます。 さようなら」といった挨拶をさせた。   
  • そうじをする
    教室、便所、校庭、部室、グランド、学校の周り、通学の駅前といったところすべてを早朝または練習終了後に必ずさせた。  
  • 校則を守る
    授業は耳で聞くのではなく目で聞け 眠るな
    レポートはかならず提出する

 

考え方

 

  • 試合に負けた時は励ます。まず選手を褒めること褒めて褒めて選手は育つ
  • 苦言をためらうな(ほめ、しかり、はげますの繰り返し)
  • 選手をよく見極める(能力以上のことはさせない、余裕をもたせる、腹八分目にする、そうしないと選手はつぶれる )       
  • 駅伝は“タスキをつなぐものではなく心をつなぐもの”である(駅伝に出場出来るのは7人だけど、試合中残り部員にも役割を持たせ参加させる
  • アマチュアは"和"で勝つ
  • プロは勝てた時しか"和"が出来ない
  • 勝ったときは選手の能力、負けた時は指導者の責任と受け止める
  • 集中力をつけること
  • 食事が大切(5大栄養素を必ずとらせる・主食である米を大切にする
  • 指導方針「競技での勝利者より人生の勝利者を育てる」

と言った部分を徹底されてたみたいですね!

 

とは言え、チーム改革には苦労をしたみたいで・・・

 

  • 選手を集めに中学周りをした際「あんな荒れた高校に生徒はやれない」と校門から中に入れて貰えない
  • 部員は目を離すと、練習をさぼり逃げる

 

などなど大変だったみたいですが…

 

渡辺公二監督の熱意により…選手・チームもだんだんと変化して行ったみたいです!

 

そして、、、

5年後、ようやく、手応え溢れる駅伝チーム7人が揃った。中学時代、地元でならした不良もいた。しかし、渡辺の元で心は一つ猛特訓に耐えてきた。懸命に走る丸坊主の若者の姿。町の人々も徐々にエールを送るようになった。そして運命の大会。西脇工業は、強豪高校を奇跡の逆転、見事、優勝を果たす。
町に戻ったメンバーを待っていたのは、地元住民の熱狂だった。西脇工業が、地元の宝になった瞬間だった。

 

と言う強豪西脇工業へと変身して行ったみたいですね!

脳裏をよぎったスポーツは「駅伝」。渡辺は、かつて日体大で箱根駅伝を目指したものの、怪我で挫折した経験があった。

 - スポーツ , , ,